about

定期便のご購入はこちら

三室型電解槽による電解システムとは

三室型電解水とは、二室型電解水と異なり純水を強電解したもので不純物を限りなく含まない長寿命で安心できる特別なイオン水です。
公共研究機関のデータに基づいた信頼性の高い水で海外の医学会でも三室型電解水の効果や医療分野での応用について発表されています。
不純物を取り除いた純水を電気分解した三室型電解水は洗浄効果や皮脂分解の効果があり、優れた浸透性・保湿性殺菌作用が認められ 様々な医療現場で活されています。

三室型高電解水の特徴

三室型高電解水は、高い活性力を持った有効因子が純水の中にイオン状態で溶け込んでいます。
生成された電解水は、高酸化水高還元水に別れ、それぞれその効果や使用感は異なります。その高いイオン活性力と小さな分子が皮膚への浸透性を高め、 肌に対する「しっとり感」や「すべすべ感」などを生み出しているのです。
また三室型高電解水による創傷治癒(やけどや傷などの治療)効果は学会でも発表されており、既に医療の現場でアトピーやニキビ、肌荒れなどの治療にも 使用されており、その高い安全性や環境保護性も確認されています。
まさに「究極の水」なのです。

弱酸性高酸化純水の水質基準は、食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)-抄-にある「清涼飲料水」の規格基準の適合し、適合項目は、水道法第4条に基づく水質基準に関する省令(平成15年5月30日厚生労働省第101号)の50項目のうちの23項目と追加の3項目の合計26項目に適合しています。殺菌効力のある水です。

電解にて生成した弱酸性高酸化純水のチャレンジテストの成績表です。この結果、生成後3ヶ月経過した弱酸性高酸化純水でも殺菌力が認められています。